平戸藤祥五光窯 (ひらどとうしょう ごこうがま)
代表者 藤本岳英
住所 〒859-3155 長崎県佐世保市三川内町710番地
TEL 0956-30-8641
FAX 0956-30-8641
URL http://www.hirado-tousyo.net/
代表作品 卵殻手(手ロクロ製作極薄手磁器) 窯変磁器 結晶釉磁器 染付磁器
歴史・沿革
 陶号『平戸藤祥』は、1637年(寛永14年)初代当主が、平戸松浦藩御用窯である三川内皿山創設窯方五家の一人として、拝命参加した時に始まります。 その後、平戸から長崎出島にオランダ貿易の拠点が移され、江戸後期(天保年間)に藩主より「陶閲館」の屋号および木彫看板を拝領し、「大日本藤本造」の銘で磁器を制作、西欧へ輸出しました。 その歴史を踏襲しながらも、さらに格調高き磁器の世界に挑戦しております。
こだわり・特徴
「卵殻手」を完全手轆轤で制作する窯元です。江戸時代末に西欧を魅了した三川内焼(平戸焼)極薄手磁器の技術と魅力を再現しています。また、三川内焼の繊細な染付に加えて、結晶釉・辰砂・釉裏紅・天目・曜変にも挑み、現代の「官窯磁器」のクオリティを目指しております。
窯主からの一言
「職人の技・科学の力・芸術家の翼」この三つを結晶させ、様々な魅力あふれる陶技を蘇らせ、新たな磁器の世界を構築したいと思います。