みかわち焼の歴史
三川内皿山
400年の歴史を誇る三川内
豊臣秀吉が起こした朝鮮の役を別名焼物戦争ともいいます。この時、各地の大名達は秀吉に命じられ競って朝鮮の陶工を連れ帰りました。二十六代平戸藩主松浦鎮信(しげのぶ)が慶長三年(1598)に連れ帰った陶工の一人古巨関(こせき)は藩主の命を受け平戸・中野で最初の窯入れをしました。これが中野窯で三川内焼の始まりです。しかし、良い陶石に恵まれなかったため、巨関と息子の今村三之丞は平戸領内を陶石探索の旅に出て最後に落ちついた所が三川内だったのです。

染付楼閣山水文大鉢(江戸前期)
染付楼閣山水文大鉢(江戸前期)
三川内皿山の誕生
二十八代平戸藩主松浦隆信は三之丞に三川内山に藩用の製陶所を開くことを命じました。。寛永十五年(1638)二十九代藩主鎮信は三之丞を皿山棟梁兼代官に任じ、寛永二十年(1643)には皿山役所の出張所を木原山と江永山に設けました。それが三川内三皿山の起こりです。
世界中に愛された三川内焼
南蛮交易で財政が豊であった平戸藩は長崎出島にオランダ商館が移動したため交易の利を失いました。そこで藩の奨励により、御用窯が年と共に盛大になると、藩は販路を海外に求め、輸出用陶磁器の開発に努め、薄手のコーヒー茶碗等が開発されました。文化元年(1804)にはオランダや中国に輸出し、海外の王侯貴族に愛されました。

染付獅子文龍巻花瓶(幕末)
染付獅子文龍巻花瓶(幕末)
三川内焼の新たな出発
明治維新を迎え、三川内皿山も遂に御用窯から民窯に転じざるをえなくなりました。二百余年の間御用窯としてあった三川内皿山は民窯としての実績がなく凋落は目に見えてひどかったようです。しかし豊島政治がこれを見て再建に乗り出し、販路を拡張しました。また明治三十二年(1899)三川内焼の伝承の技を守るために三川内山に意匠伝習所を創設しました。三川内御用窯の優れた技術は伝習所の指導のもとに若い陶工たちによって受け継がれ、これに新しい意匠考案が加えられて、みごと今日の三川内焼に伝承されているのです。
銹釉瑠璃獅子香炉(江戸中期)
銹釉瑠璃獅子香炉
(江戸中期)
染付菊花文蓋碗(江戸後期)
染付菊花文蓋碗
(江戸後期)
染付唐子絵徳利野弁当仕込(幕末)
染付唐子絵徳利野弁当仕込
(幕末)
染付唐子茶碗(幕末)
染付唐子茶碗
(幕末)